電子教材配信home
本文へジャンプHOME ご利用方法 教材置き場 Q&A 問い合わせ

Q&A

 ご利用に関しては、まずご利用方法をご覧下さい。

電子教材配信プロジェクトとは?

 慶應義塾大学國領研究室で2003年夏からスタートした、ビジネスケース教材をオンライン上で公開する プロジェクトです。現在では主に、國領研究室で学術的利用を目的として開発されたケース教材が自由な 利用と流通を目的とし、公開されています。公開にあたっては、クリエイティブコモンズを採用し、ライ センスのもとに行われています。

ライセンスとは何ですか?

 ライセンスとは、ケース教材を利用するにあたっての利用許諾もしくはルールのようなものです。ライ センスの具体的な中身については、こちらで参照することができます。ライセンスの中身を簡単に要約し ますと、 ・ケース教材を用いて自主的な勉強会を開いたり、学校でケーススタディをするなどお金のやりとりが発 生しない状況下においては、自由に無償で利用することが出来ます。 ・ケース教材を用いて営利企業内の研修や勉強会で用いる、非営利組織の有料セミナーで用いるなど、お 金のやりとりが発生する状況下においては、ケース教材作成費の一部を自己申告制で負担して頂きます。

ケース教材とは何ですか?

 ここでは、ケース教材はビジネスケースのことを指します。ビジネスケースは、経営の本質を理解する ために、ある特定の企業・事業の戦略や業績、現状、歴史的背景などをまとめたものです。ビジネスケー ス作成は、情報収集、企業からのヒアリング、インタビューなど行い、事実やその背景を網羅的に調べる 大変な作業です。

ケース教材をどう利用したらいいのですか?

@ケース教材のダウンロードなどご利用のプロセスはご利用方法をご覧下さい。 A一般にケース教材は、企業の実態や戦略等を知るために読む、学校の授業で利用する、ケーススタデ ィや勉強会で使用するという利用方法があります。また、ケース教材の内容の一部を引用する場合や、 論文・書籍などで参照する場合には、ケース教材の帰属を示す必要があります。その際には、ケース教 材名、作成者を明記してください。

この活動の意義はなんですか?お金にならないのではないですか??

 当電子教材配信プロジェクトの目的は、ケース教材の可能な限りの自由な利用と流通を目指すところに あります。ケース教材作成にあたっては多大なコストがかかります。頂いた費用は、作成者の負担を少し でも軽くし、新たなケース教材作成へむけて投資されます。